月経痛ってあるのが普通?

こんにちは!
愛知県一宮市九品町で美容鍼灸・妊活、生理痛などの婦人科疾患をメインに治療を行なっております
鍼灸ハリゴコチ 院長の近藤です!

当院では、不妊治療とともに
無月経、月経痛、月経不順など「月経」のお悩みに関する患者様も
多く施術させていただいております。
月経は月に一度、子宮の内側の膜(子宮内膜)が剥がれ落ち、それに伴い出血が起こる現象です。
近年では生涯の出産の回数が減ったり、食事、生活環境の変化により月経時に痛みが起こる「月経痛」で悩む女性がとても増えています。
私も元々月経痛がひどく、腹痛が耐えられない時は痛み止めでなんとか生活をする
その一人でした。
今や、ほとんどの人が月経痛で苦しみ、薬を常備しているので
これが普通と思っている人も多いかと思いますが、それは違います。
そう、「月経痛は当たり前」じゃないということです。

原因はいくつかありますが
特に最近多いのは
・血液量が足りていない
・冷えている
のふたつなんじゃないかな?と思っています。

血液量が足りていない
「貧血」と診断されている方は、あ、そうだ私だ。と感じたかもしれませんが
貧血と診断される程の血液不足ではないが、十分な血液がない
という場合もあります。

例えばホースから出ているちょろちょろの少ない水を遠くまで飛ばしたいと思うと
ホースの先をギュッと絞りますよね?

少ない血液を出そうとするとギュッと絞り出さなければなりません。
想像しただけでなんか痛そうじゃないですか?

そんなイメージです。(あくまでもイメージです!)

子宮内に十分な血液が足りていないわけです。
なので、血液量を増やしてある必要があります。

冷え
手元、足元が冷える人!✋
それ頑張って改善しましょう。
簡単なものではありません。身体の中から何かを変えることは努力も時間もかかります。
でも、これから先のことを考えたら必ず改善すべきこと。
じゃあなぜ冷えを治すべきなのかというと
身体の中は常に血液が循環しています。
ということは、血液が体内を回っている途中、足元で冷えた血液は、冷た〜いまま
子宮、内臓を通り心臓に戻ってくるのです。
冷たい血液は子宮や内臓を冷やしてしまいます。
だから、冷えを改善したいのです。
でも、残念ですが、
いくら靴下履いて、お風呂入って、温めても
温められる血液(血液量)がないとなかなか温まりません。

なので、血液量を増やしてあげるのと、冷やさないようにしてあげるのは
同時進行。

体質改善をして月経痛を落ち着かせるには
鍼灸治療を行うのはもちろん、食事、運動、生活習慣を見直す
必要性も大いにあります。

月経痛は辛くて、月経中は生活できたもんじゃない!
いつも薬を飲んでいる
頭痛、腹痛、腰痛で苦しい
月経痛は本当に辛いです。
でも、楽になると気持ちが全然違います。
私がそうだったから本当に思います。

色んな「痛み」があると思います。
一度、ご相談ください。

営業時間
平日・土曜:10時〜20時
(木曜:10時~17時)
休診日: 水曜・日曜
アクセス
〒491-0079
愛知県一宮市九品町3-9-1 ライオンズマンション101
一宮市民病院より徒歩5分
サイド画像
  • Instagram