最近お肌に赤みが。。マスクによる肌荒れを撃退!

こんにちは!
愛知県一宮市九品町
鍼灸ハリゴコチ院長の近藤です!

最近はマスクによる肌荒れ悩みを多く耳にします。
マスクって、蒸れるし痒くなるし、、
でも今はマクスの着用は必要不可欠。
私もコロナに関わらず、仕事上普段からマスクをしているので、この肌荒れに悩まされた1人です。
そこで、私の実体験も含めながら
マクスの肌荒れについて原因と対処法を考えてみましょう!

【マクスで肌が荒れる原因】
まず、なぜマスクをつけることによって肌荒れが起こるのでしょうか
その原因は大きく3つあります。

①摩擦
マスクをつけていると必ず肌に当たるので当たっている部分が擦れて、肌荒れの原因となります。
物理的な摩擦を加えることは、お肌の乾燥につながり、乾燥はその他様々な肌トラブルに繋がる可能性があります。

②蒸れ
マスクの中が蒸れると雑菌が繁殖しやすくなるので、その雑菌が肌荒れを起こす原因となることがあります。

③繊維が合わない
マスクの種類も様々であり、使っている素材も違うので、その繊維が肌にあっていないと肌荒れを起こすこともあります。
一般的なマスクは大きく分けてガーゼマスクと不織布マスクの2つに分けられます。
マスクによって肌荒れを起こすという方は今自分の使っているマスクの繊維を確認してみてください。

【マスクの選び方】
①マスクの素材を確認する
一般的に多く使われているのもは「使い捨てマスク」である、不織布のマスクです。
ただ、中にはその繊維が合わないという方もいらっしゃいます。
そんな方は、顔にあたる部分だけ綿(コットン)素材になっているマスクなどもありますので一度確認してみてください。
もっと簡単な方法だと、中にガーゼを挟んでみるのも良いでしょう。マスクの中に入れる用の小さくカットされたガーゼも売っていますので、みてみてくださいね!ちなみに私もこれ、やっているのですが、やっぱり話したり笑ったり、口を動かすことが多いので、ずれてきてしまいます。大きいまま使ったり、小さめにカットしたり、色々試行錯誤したのですがやっぱりズレてしまうのが気になりましたm(._.)m

②マスクのサイズを自分に合ったものにする
マスクには様々なサイズがあります。肌荒れを防ぐためには自分に合ったマスク選びが重要です。これはマスクが大きすぎてぶかぶかでも小さすぎて食い込んでいてもお肌への摩擦が強くなり肌荒れの原因になってしまうからです。パッケージをチェックして自分に合ったものを選びましょう。
また、マスクがずれてしまうことも摩擦を起こす原因になるので、紐の部分も確認しておくとさらによいでしょう。

しっかりと保湿をすることもものすごく大切なポイントです。
マスクによる摩擦や蒸れることによってお肌はより乾燥しやすくなります。
マスクをする前と後の保湿、また、お化粧直しするときにも保湿
と、できるだけこまめに保湿クリームをしましょう。
日中だけでなく日頃のスキンケアでも保湿が大事です。
洗顔や化粧水等スキンケアアイテムはできるだけ低刺激のものを使い最後は乳液でしっかりと蓋をするようにしましょう。
また、メイクも少なからずお肌への負担がかかっているので薄めの方が負担は減らせるでしょう。

今はマスクなしでは生活できません。
ちょっとした、意識、工夫でしっかりとお肌を守り
いつか、マスクなしでたくさん遊べるようになった時に
お肌に自信をもっていけるよう今正しいケアをしましょう!

営業時間
平日・土曜:10時〜20時
(木曜:10時~17時)
休診日: 水曜・日曜
アクセス
〒491-0079
愛知県一宮市九品町3-9-1 ライオンズマンション101
一宮市民病院より徒歩5分
サイド画像
  • Instagram