あなたの「寝た」は、ちゃんと寝れてる?

こんにちは!

愛知県一宮市九品町
鍼灸ハリゴコチ院長近藤です!

さぁゴールデンウィークがスタートしました。
が、お出かけはできない今
どんな「おうち時間」をお過ごしですか?

これだけプライベートな時間を制限されると
遊べない
楽しくない!
マイナスに考えてしまいます。
私もおでかけ大好き人間なので、はやく遊びたいし山登りしたり海にも行きたいです。
ですが、逆に、いつもできないとこができるチャンスでもあるように思います。

いつもなら、せっかくの休みなのだから!と
睡眠時間を削ってでも
遊びたいし、人と会いたいですよね!
それは、何にも代えられないくらい心が満たされるし必要なことにですが
実は、自律神経は乱れてしまっているかもしれません。
お肌にも悪影響です。
だとしたら、普段できないあんなことやこんなことを思い出してみて下さい。
身体を整えるチャンスなのです。


今だからこそ取ってほしい時間は
睡眠時間です。
ですが、ポイントがあります。
たくさん寝てほしいわけではありません。
夜中に寝て昼までだらだら寝も、(私の中では)寝たに入りません。

大事なことは「質の良い睡眠」です。

質の悪い睡眠はたとえその睡眠時間が十分だったとしても、身体にとっては慢性的な睡眠不足と同じです。
睡眠不足は自律神経のバランスを乱し、血行を悪くして
体温を下げ、免疫力を下げ、身体の不調を起こしやすくします。

では、よく耳にするこの「睡眠の質」
何で決まるのでしょうか。

睡眠の質は「メラトニン」というホルモンの量で決まります。
私たちの睡眠と覚醒には「メラトニン」というホルモンが深くかかわっており
メラトニンが出れば出るほど睡眠の質は良くなります。
逆にメラトニンの量が少ないと睡眠の質は低下します。

「メラトニン」は寝ている間に出るホルモンですが、眠っていればいつでも出るというわけではありません。
なぜならメラトニンは「内因性ホルモン」といって、決まった一定時間にだけ出るホルモンだからです。

メラトニンが分泌される時間帯は、夜の10時から深夜2時の間です。
つまり、この時間にしっかり眠れていないとメラトニンが十分に分泌されなくなってしまうのです。
しっかりというのも、この時間に寝れてはいても、部屋の明かりを完全に消して
真っ暗な状態にして眠らないとメラトニンは分泌されないからです。

つまり、質の良い睡眠をとるためにはメラトニンが出る
夜10時から深夜2時の時間帯に部屋の明かりを真っ暗にして寝る
ことが、
・自律神経を整えるため
・免疫力を上げるため
・体温を上げるため
には必ず必要になります。

今は特に、
自分の身を守ることはあなたの大切な人を守ることになります。

遊べるようになった時、たっくさん遊ぶために今
身体を整えましょう。

営業時間
平日・土曜:10時〜20時
(木曜:10時~17時)
休診日: 水曜・日曜
アクセス
〒491-0079
愛知県一宮市九品町3-9-1 ライオンズマンション101
一宮市民病院より徒歩5分
サイド画像
  • Instagram